税金の滞納も債務整理できますか?

MENU

あなたの借金がいくら減らせるのか、たったの1分でわかる方法!

今ある借金を少しでも減らしたいとお悩みではありませんか?

実は、下記の方法を試すことであなたの借金がいくら減らせるのかたったの一分でチェックすることができるんです。

今ある借金を少しでも減らしたいと思っている場合は、一度試してみるといいですよ。
きっと結果にびっくりするはずですから。。

今すぐ借金がいくら減らせるのか確認する!

税金の滞納も債務整理できますか?

生活が苦しく、借金だけではなく税金の滞納もしてしまっている方の疑問として、税金の滞納分を債務整理することが出来るかどうか、というものがあります。

 

結論から申し上げれば、税金の滞納は債務整理することは出来ません。
これは税金や国保、年金といったものは全て法律上で非免責債権とされており、仮に滞納していたとしても債務整理によって免除・減額が行われるものではありません。

 

そのため自己破産を行なったとしても、年金・税金・国保の延滞分や滞納金は全て支払わなければならないものとなります。
このように法律上非免責債権とされるものはどの債務整理の方法を選択しても免除されることはないので、あらかじめ支払いを行なっておくか、または適切な行政処理を行なっておくことが重要です。

 

しかし現時点で税金や年金などの支払いが困難な場合は、市区町村役場や年金事務所などに相談することで、支払いに関する方法の変更や免除など柔軟に対応してくれます。

 

きちんと窓口で債務整理を検討していることや現実問題として支払いが難しいことなどを正直に相談すれば、きちんと話を理解してくれることがほとんどなので、まずはお近くの役場や事務所に相談に行くのが良いでしょう。

 

もし相談せずに未納の状態で滞納し続けていると、将来的にもらえる年金や保険を利用して医療を受ける際に不利益を被ることになってしまうので、早急に相談に行くことをおすすめします。

 

もし債務整理を行いながら税金の対応もしなければならない場合、弁護士に相談するなどして、なるべく早く対応していくことが大切です。