債務整理をしたらアパート契約にも影響はある?

MENU

あなたの借金がいくら減らせるのか、たったの1分でわかる方法!

今ある借金を少しでも減らしたいとお悩みではありませんか?

実は、下記の方法を試すことであなたの借金がいくら減らせるのかたったの一分でチェックすることができるんです。

今ある借金を少しでも減らしたいと思っている場合は、一度試してみるといいですよ。
きっと結果にびっくりするはずですから。。

今すぐ借金がいくら減らせるのか確認する!

債務整理をしたらアパート契約にも影響はある?

債務整理は現在保有している財産に関して、一からすべて見直す方法になります。
この財産というのには住居も関係するのです。では債務整理をするとアパート契約にはどう影響するのでしょうか。

 

結論から申し上げると、債務整理をしてもアパート契約には大きな影響はありません。
債務整理後にアパート契約を申し込んだり、または保証人になったりすることも可能なのです。

 

また任意整理の場合は、アパート契約や住宅を維持したままの債務整理が可能なので、アパート契約に関する影響を考えずに行うことが出来ます。

 

また2001年から、それまで自己破産または任意整理しか選択することが出来なかった現状を改善するために個人再生手続きが施行され、住宅やアパート契約を維持したまま債務整理を行い、借金を減額することが出来るようになりました。

 

このため整理する債務の額が少額で済む場合には任意整理を、整理する債務の額が大きい物の継続的収入によって3年以内の返済が可能な場合は個人再生を選択すれば、アパート契約にも影響せずに債務整理できます。

 

また債務整理によって個人信用情報機関への登録が行われますが、すなわちそれが現在の収入に直接関わるわけではないため、収入を基本に考えるアパート契約においては大きな影響がないこともわかります。

 

現在住んでいる住居を維持したい場合は任意整理または個人再生を行うことになりますが、仮に自己破産を行なった後でも現在継続的な収入を得られているのであれば、債務整理後にアパート契約を行うことは可能です。