住宅を残したまま借金返済することはできる?

MENU

あなたの借金がいくら減らせるのか、たったの1分でわかる方法!

今ある借金を少しでも減らしたいとお悩みではありませんか?

実は、下記の方法を試すことであなたの借金がいくら減らせるのかたったの一分でチェックすることができるんです。

今ある借金を少しでも減らしたいと思っている場合は、一度試してみるといいですよ。
きっと結果にびっくりするはずですから。。

今すぐ借金がいくら減らせるのか確認する!

住宅を残したまま借金返済することはできる?

借金返済で心配なのが住宅の問題ですね。
多くの方は債務整理を行なってしまうと、所有している住宅も全て手放さなければならない、と思っているのではないでしょうか。

 

確かに自己破産を行なってしまうと、所有している住宅は財産処分の一環として処分しなければなりません。
しかし任意整理、および個人再生では住宅を残したまま債務整理・借金返済を行うことが出来るのです。

 

以前は自己破産によって財産を処分して借金の整理を行うか、または任意整理によって住宅を維持しながらも少額での借金減額しか行うことが出来ない状況でした。

 

しかし2001年に施行された個人再生手続きによって、住宅を残したまま大幅な借金減額措置を行うことが出来るようになったのです。

 

もちろん借金の額が大きくない場合は任意整理のみによって住宅を残したまま、減額された借金の返済を行なっていくという方法もあります。

 

個人再生は任意整理だけでは十分に減額できないような場合に、車や住宅を残したまま債務整理を行いたい方に最適な方法になりえます。

 

しかしながら個人再生を行なっても、3年ほどで借金を完済するのが難しいほど債務を抱えてしまっている多重債務者の方の場合、自己破産によって住宅を手放して債務整理を行わなければならない場合もあります。

 

その際高額な商品以外にも、住宅や車などの財産を処分しなければならないことになります。

 

また破産宣告後や債務整理後はアパート契約は可能ですが、住宅ローンを組んで新しく住宅を持つことは5〜7年間は難しいので、注意してください。