車を残したまま借金返済はできる?

MENU

あなたの借金がいくら減らせるのか、たったの1分でわかる方法!

今ある借金を少しでも減らしたいとお悩みではありませんか?

実は、下記の方法を試すことであなたの借金がいくら減らせるのかたったの一分でチェックすることができるんです。

今ある借金を少しでも減らしたいと思っている場合は、一度試してみるといいですよ。
きっと結果にびっくりするはずですから。。

今すぐ借金がいくら減らせるのか確認する!

車を残したまま借金返済はできる?

普段から車を利用される方にとって、借金返済時に車は残したままでいられるのか心配な方もいらっしゃるでしょう。

 

債務整理の方法の中には、車を残したまま借金の減額を行うことが出来る方法もあるので、どうしても車を手放すことが出来ない、車を手放さないで借金の返済額を減らしたい、という方はその方法を選択するとよいでしょう。

 

車を手放すこと無く債務整理が行えるものには任意整理と個人民事再生があります。
どちらも住宅や車といった財産を保持しながら、債務整理によって借金を減額することが出来る方法ですので、どうしても車を手放したくない方はまずこの方法を検討してみるのが良いでしょう。

 

また自己破産の場合でも、国産車で7年以上乗り続けている車に関しては処分の対象外となる場合もありますので、実際に処分されるかどうか事前に弁護士などに相談しておくとよいでしょう。

 

しかし外車やあまりに高級な自動車の場合は、自己破産する際に処分の対象となるのが原則なので、注意してください。

 

また自動車のローン返済がまだ完了していない場合にも注意が必要です。
この場合自動車の保有権がローン会社にあり、債務整理を行なった時点でどの方法を選択しても、原則自動車は処分されてしまいます。

 

このため自動車を保有し続けることは不可能となります。
このように自動車を残したまま債務整理を行うためには、ローンの有無、自動車のその時点での価値、ローン残高、そして債務整理の方法によって大きく異なりますので、事前に弁護士などに相談しておくことが大切です。