債務整理後にクレジットカードには加入できるの?

MENU

あなたの借金がいくら減らせるのか、たったの1分でわかる方法!

今ある借金を少しでも減らしたいとお悩みではありませんか?

実は、下記の方法を試すことであなたの借金がいくら減らせるのかたったの一分でチェックすることができるんです。

今ある借金を少しでも減らしたいと思っている場合は、一度試してみるといいですよ。
きっと結果にびっくりするはずですから。。

今すぐ借金がいくら減らせるのか確認する!

債務整理後にクレジットカードには加入できるの?

債務整理後、その記録は個人信用情報機関に記録されます。
この記録は各機関によって若干異なりますが、5〜7年ほど保存され、その間ローンの申し込みやクレジットカードの加入などは不可能です。

 

これは債務整理の手段を問わず、全ての債務整理によってブラックリストに登録されてしまうので、クレジットカードへの加入申し込みはできないものと考えておきましょう。

 

同様にキャッシングサービスの申し込みも、債務整理後では不可能ですので、注意してください。

 

一方これまで使用してきたクレジットカードの場合、任意整理であれば、整理の対象にそのクレジットカードを含まなかった際、カード会社が個人信用情報を照会する使用期限までの間はこれまでどおり利用できる場合もあります。

 

ただし途中で契約更新などクレジットカード会社が個人信用情報を照会した場合は、例え使用期限前であってもそれ以降クレジットカードを使用することができなくなる場合があるので注意してください。

 

一度ブラックリストに登録されてしまった後は5〜7年間は新規にクレジットカードに加入することは出来ないので、債務整理を行うということは同時にクレジットカードやキャッシングの利用が出来なくなるものだと考えておきましょう。

 

また仮に登録情報が削除されたとしても金融事故・債務整理を起こしたという事実は変わらず、あくまで与信判断の一材料がなくなっただけであって、自社で保有している情報などを参考に信用調査を行うこともあるので、クレジットカードに登録することができるようになるわけではありません。